京橋駅4番出口閉鎖について

平成29年10月7日より平成30年2月末ころまで、地下鉄銀座線京橋駅4番出口が工事の為閉鎖されます。この間に京橋駅より当事務所へお越しいただく場合は、明治屋方面改札からは6番出口、銀座方面改札からは1番出口が比較的便利です。ご不便をおかけしますが、ご了承のほどお願いいたします。
Read More

京橋周辺の事業主様へ

最先端の文化と歴史の趣が共存する街、京橋。この街の一員として少しでも地域の発展に貢献したいと考えましたが、弁護士である私達にできるのは法律業務だけです。そこで、京橋周辺の中小企業、個人事業主の皆様を対象に、初回無料で法律相談を承ります。 ------------------------------------------------ 当事務所は、平成27年8月にここ京橋で開業しました。銀座、日本橋、東京駅といったターミナル駅からも近くお客様の利便性が高いことは勿論、大通り沿いには大手企業の本社ビル等が立ち並ぶ都内有数のオフィス街でありながら、当事務所の周辺には老舗の骨董品店や画廊が数多く残っており、その落ち着いた雰囲気に魅力を感じました。当事務所が開業してから現在間の短い期間にも、京橋周辺では大規模な開発が進み、目覚ましい変化を遂げています。こうして...
Read More

「事例に学ぶ労働事件入門」発刊

松浦裕介弁護士が執筆に参加した書籍「事例に学ぶ労働事件入門」(共著・民事法研究会)が発刊されました。 松浦は総論の監修を担当いたしました。 同書は、総論において典型的な労使紛争の類型とこれに役立つ基礎的な法律知識を解説し、 各論では労働解雇、残業代請求、ハラスメントなど、労使間に起こる様々な問題を取り上げ、 交渉、労働審判、仮処分、通常訴訟等の手続きを経て解決していく過程をケーススタディ方式でご紹介しています。 法律家のみならず、企業で人事労務を担当される方にも読みやすい内容になっているのではないかと思います。 労使間の紛争は従業員にとっても会社にとってもその命運を左右する大きな問題であり、 紛争が先鋭化、表面化する前に適切な対処をする「予防法務」の重要性が非常に大きい分野と言えます。 また、一般の方の感覚と、法律の規定および...
Read More

御礼

開業初日となった8月3日、皆様より沢山のお花を頂きました。 華やかになった事務所に気持ちも昂るとともに、改めて気が引き締まる思いです。 この日の気持ちを忘れることなく、皆様のお役に立てるようこれからも精進させていただく所存です。 暖かいお心遣いを頂いた皆様、まことにありがとうございました。    
Read More

事務所を開設しました

平成27年7月末日をもって日比谷南法律事務所より独立し、 同期の友人である宇田川春菜弁護士の助力を得て、京橋総合法律事務所を開設いたしました。 日比谷南法律事務所では依頼者様や同僚に恵まれ充実した日々を送っていましたが、 熟慮の末、弁護士10年目、35歳を迎えた今年、 弁護士を志した当初からの夢であった独立を実現させることとしました。 昨今、司法試験制度の変更により弁護士大増員の時代が到来し、多くの法律事務所が組織を拡大しつつあります。 経営の合理性や継続性を考えれば、そのような選択はもはや必然であるとも思われます。 しかし、私達の取り扱う仕事にひとつとして全く同じものはなく、また弁護士の能力や資質も千差万別です。 本来、弁護士の仕事は画一的処理、大量処理になじまないものです。 そこで私は、「私をご信頼頂いた皆様には、私自身が責...
Read More

よくあるご質問

「相談するには紹介者が必要?」「夜でも打合せはできる?」「費用はどうやって決まるの?」 そんなよくいただくご質問をまとめました。 その他にもご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。 ------------------------------------------------ Q 紹介者がいなくても相談でき ますか? A はい、ご対応させて頂きます。 Q 平日夜間、土日でも相談できますか? A 事前にご予約いただければ、可能な限り調整させていただきます。 Q 相談した事案は必ず引き受けてもらえますか? A 申し訳ありませんが、事案の内容、業務の繁忙状況、利益相反等によりお引き受けできないケースもあります。 特に事務所の規模上、仕事の質を保つためにお引き受けする仕事の量を適正にと...
Read More

弁護士紹介

当事務所は弁護士2名の小さな事務所です。約15年のキャリアを持つ中堅弁護士と、若手弁護士が協力して事件の解決に当たります。「担当が何度も変わり責任の所在が曖昧…」 「年配の弁護士で対応が遅い、話が遠い…」 当事務所ではそんなご心配は無用です。 -------------------- 代表弁護士 松浦 裕介 Yusuke Matsuura 第二東京弁護士会所属 <経歴> 1980年 4月 千葉県千葉市で出生 1999年 3月 早稲田大学高等学院卒業 2003年 3月 早稲田大学法学部卒業 2003年 11月 司法試験合格 2004年 4月 最高裁判所司法研修所入所 2005年 10月 朝日中央綜合法律事務所入所 2007年 7月 日本テレビ放送網株式会社入社 2008年 1月 クレオール日比谷法律事務所入所 2012年 1月 日比谷南法律事務所開...
Read More

裁判実績

私達は、これまで多種多様な事件を解決に導いてきました。 これらの実績の一例として、当事務所の代表弁護士松浦裕介が当事者を代理した事案のうち、 判例データベース「westlaw japan」に掲載されている裁判例の一部をご紹介します。 -----------------------------------------  <損害保険>◆リラクゼーション施術と症状の因果関係令和元年 5月16日 福岡高裁  事件番号 平30(ネ)840号 事件名 損害賠償請求事件 代理した当事者 被告 (被控訴人)要旨被控訴人会社の運営する店舗で同社の従業員からマッサージないしリラクゼーションの施術(本件施術)を受けた控訴人が、同従業員の手技上の注意義務違反により左肩を負傷して後遺障害が残存したと主張して、被控訴人会社に対し、民法715条1項本文に基づく損害賠償として、21...
Read More